ホームとす日記今だからガラケーを振り返ってみるのもいいかもしれない。

以前はオフ会などでハンドルネームで呼びかけられると廻りを気にしてしまっていましたが、最近ではすっかり慣れてしまい平気になってきました。それでも飲み会の場などで呼ぶのが恥ずかしくなる名前の人っていらっしゃいますよね。名前っぽいものなら気にはならないんですけれど、「林家次男(はやしけじなん)さ~~ん」と店の中や街中でフルネームで呼びかけるのはちょっと恥ずかしいかもしれない。。。そんなシャイな とす です。

garake‐

来たる6月のdocomoの新プランに向けていろんなシュミレーションをしておりますが、その中で浮上してきているのは2台持ち作戦です。

それに必要なものとしてフューチャーフォン、俗に言うガラケーを色々と物色してみたりしてました。XPERIA X-10が発売されてからは見向きもしていなかったガラケーですが、こうやって改めて見てみると結構いいものです。

 

たぶん、不満も不便も多いガラケー

電話をするには最高なのですが、やはり不便な所もあります。例えばスマホでしたら電話帳の心配はほとんどありませんよね。買ってきた初日から昨日までと同じ電話帳が使えますから。しかしガラケーになると昔のようにポチポチと手打ちする事になるんでしょうか…。

地味に余計なボタンが多いですよね。通話回線しか使わないなら「iモードボタン」とかうっかり押してしまっても使えないので「シンプル好き」の私には結構なイライラかもしれません。

きっといろんな意味でイライラするのかもしれません。「後悔先に立たず」とは良くいったもので、きっとガラケーにしたら不満が出てくるのかもです。

 

ひと世代前のモバイルだから最先端

今回のタイトルになっている事でもあるんですが、現在はスマホの時代です。子供から老人までもがスマートフォンを持つ時代になってきました。しかし結局スマホを初めて手にした数年前はスマホへの可能性を信じて四苦八苦しながら使ってきましたが、みなさん満足してますか?

数十年前までは固定電話の時代でした。そこから携帯電話の時代になり、インターネットの時代になりました。そうすると携帯電話でインターネットができる時代になりました。そこで生まれたのがスマートフォンです。その頃の私は携帯電話とパソコンしか知りませんでした。それならば携帯電話でもありPCでもあるスマホが良いのではないかと思い、スマホに惹かれてゆきました。進化する道はガラケーからスマートフォンに延びる道しか付いていなかったのです。

しかし今では私はガラケーとスマホの両方を知っています。以前の私とは違うのです。

 

 

だ か ら こ そ の、あえてガラケーもいいんじゃない?

 

 

電話で通話する事に特化したフォルムや機能はやはりガラケーの方が優れている様な気がします。6月からスタートする新プランではガラケーなら2,200円でどのキャリアにも話したい放題というのであれば、やはり通話は通話で考えるという選択肢も出てくるわけです。tosは同じようなガラケーとスマホの2台持ちをされている皆様が快適にする過ごす為の屯田兵になればいいのではないかと思うのです。

 

使命感にも似たこの熱い思いを胸に、皆さんの為に!いやさ、日本の為に私はあえてガラケーに戻って!!!!

 

 

 

 

あっ、(ポロっ

 

 

 

NOKIAの通話専用機の画像…

NOKIAの通話専用機の画像…

 

 

 

 

NOKIAの端末(通話専用機)カッケー(∩´∀`)∩

 

 

 

結婚すると行動には理由が必要なんですよ…

 

 

それではまた |彡サッ

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩