Dropbox (クラウドストレージサービス)

多くのクラウドストレージサービスが増えてきました。その中でも有名なサービスのひとつであるDropbox。すでに利用されている人も多いかと思います。
しかし昔の私は容量至上主義とでも言いますか…とにかくたくさんの容量を求めておりましたので700GBほどの容量を保有しているCOPYというサービスに移行しておりました。

さようならDropbox、こんにちはCopy。

ところがあるひとつの疑問にぶち当たってしまったのです。それはクラウドストレージを利用するにあたり誰にも理解しておいてほしい大切な事。

 

クラウドストレージサービスに保管できるデータの種類

クラウドストレージサービスというのをご存知ない方の為にものすごく簡単に説明すると、

001クラウドストレージ

写真などをクラウドストレージに保管すればその写真が入っていないスマホやPCからもその写真が見れるというサービスです。

 

【このサービスが便利な点】

  • スマホを買い替えたり複数のデバイスを使う時
  • 不意な事故でスマホやPCのデータが無くなっても安心
  • スマホで撮影した写真をPCで加工してブログやSNSなどに掲載する時
  • 仕事のチームや自治会で同じデータを共有したい場合
  • 同じサークル仲間の写真の共有に!

 

この様に便利ではあるのですが、便利だからと言って何でもかんでもクラウドで保管するのは考えものです。

 

【こんなデータの保管はあまりオススメしません】

  • 個人情報が入っているようなデータ
  • プライベートが「すぎる」写真(おふざけ写真など)
  • 萌アニメ画像集(自分の趣味すぎる画像)
  • 男のメルヘンとロマンのコレクション…(想像にお任せします)

いちばん上の個人情報が入っているデータというのが曲者で、とにかくほとんどのデータはアウトです。顧客情報などのプライバシー系はアウト。実際にそれらのデータをクラウドに保存している会社もあるのでしょうが、それが何かの事故で漏れた場合は覚悟してください。そういう大切なデータはローカルで保存すべきかなと。

 

私は基本的に複数のクラウドが管理できるほど几帳面ではありません。おそらく2~3個までが限界かなと思います。そこで私はプライベートではDropboxを使い、仕事ではCopyを使うといった使い方に収まっております。

 

Dropboxをメインにしようと思った理由

プライベートとしては基本的には趣味で撮影した風景写真の保管場所、あと猫の画像の保管場所になっています。それ以外のものはほとんど利用していません。個人情報が多いデータはローカルストレージ…、つまり端末の内部にのみ保管しておりますし、その端末もメインの端末に限定しています。もちろん現在であれば指紋認証付きのZ5Cですので少し安心でしょ?

これぐらいの量であればもっと容量が少ないサービスでもよさそうなものですが、私が今まで使った中で一番使いやすいのがこのDropboxです。

  • 読みこみ速度が速くストレスをあまり感じない
  • 1ファイルあたりのデータ無制限でアップロードできる(2012年から)
  • 画像の保存に適したUIなのでスマホでとても使いやすい
  • 大手企業も使うほどのセキュリティで安心して使える

 

Screenshot_2016-01-12-15-10-42

一番大きな理由は画像保存がとても見やすく表示が早い事です。

画像の選択なども簡単に操作できますし、サクサク表示されるので全くイライラしません。これはとても大きな理由です。ですので逆に写真よりもデータが多い仕事用にCopyを使うようにもなりました。

画像の保管が多い人ならぜひDropboxがオススメですよ♪

 

Dropboxのはじめ方

1.まず最初にどちらから始めるかを選択する

①最初から少しでも容量を増やしたい方→コチラ(最初から500MB増)

②容量は後で増やすから誰にも頼らない孤高の狼さん→コチラ(2GBのまま)

 

2.名前・メルアド・パスワードを決める

名前は何でもOKです(本名で無くても可)

3.PC(パソコン)にDropboxをインストールする

インストールしないと登録が終わりませんので登録だけして満足しないようにしましょう。

4.完了

 

 

次にDropboxの容量を少し増やそう!

登録直後はストレージの容量は2GBしかありませんが安心してください。ちょっとした事で増やせます(もちろん無料でもいくらかは増やせます)。

たとえ写真の保管場所でしか無いとはいえ、容量は多くて困る事はありません。しかし冷静に考えてみれば用途としては持ち運びのUSBメモリースティックがクラウド上にあるような感覚でいいと思いますのでそんなにたくさん無くても平気かな。

16GBとか32GBとか…それくらいあれば十分かと。あまりムキにならずに、まずは8~10GBくらいを目指すのがいいかと思います。

アカウント - Dropbox

いま私のDropboxの容量は18GBほどです。最初は2GBしか無かったのですが、クエスト的なものをこなしてゆくうちにここまで増えてくれていました。

クエストはコチラ

 

基本的な容量の増やし方は友達から紹介されてはじめる・そして紹介する

アカウント2 - Dropbox-1

通常、最初は2GBからのスタートですが、友達に紹介されてDropboxをはじめると2.5GBからのスタートになります。

そこから他の人を紹介するたびに500MBずつ増えてゆく(紹介して増えるのは最大16GB分)わけです。これは以前は250MBしか増えなかったのに随分と楽になったものですね。

6年ほど使っていると気がつけば18GBまで増えていたので、最初の2GBから考えすと16GB増えています。でも、そのうち紹介で増えたのは実は10GB分のみです。残りはDropboxが提案してくるクエストをこなしていただけです。

(クエストといってもドラゴンを倒すとかではなくて設定をいじったり言われたようにアップロードしたりというものです)

 

(紹介とは言っても…こういう方法もある)

わたしのように会社のWEB・PC管理者の人であれば…方法はもうお分かりですよね?あとは親や家族のPCにそれとなく理由をつけてインストールするとか…実は方法はいろいろあります。残念な事にわたしは入社した時からすでにDropboxは使われていたので出来ませんでしたが…(チッ

頭さえ使えばお友達を売るような気持ちになる必要はありませんよ^^

 

クラウドストレージを7年ほど使ってみた感想

2~3年前までは最初は外付けのHDDくらいの容量が必要だと思っていたクラウドストレージサービスでしたが、今では

『私の生活なら容量はそんなに必要ない、それなら少なくても一番便利で快適なサービス使うわ』

という感想に至っております。(この考えの大きな要因になっているのは容量無制限のEvernoteの存在が大きいのですけれどね。)

かといって私が扱うデータが少ないわけでは決してありません。基本的にはほとんどのデータをローカルで保存しているだけの事。時間があれば私がどのように仕事においてクラウドストレージを利用しているのかも具体的にご紹介してゆきたいと思います。(仕事人間ですのでめちゃ利用しています)

総合的に考えて今の私にはDropboxが一番快適だったというだけの話ですが、人それぞれ使い方は違いますので自分に合ったサービスを探してみてはいかがですか?

もしDropboxを使っても良いと思われる優しい方がいらっしゃったらコチラから登録してもらえる(あと12名様まで)と私も嬉しいです☆(ゝω・)vキャピ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP