2つのtwitterクライアントの通信量を比較してみた

比較してみたEC

最近21時になると眠くて仕方がない健康優良児のとすです。

昨日とつぜん「通信量が1GBを突破したよ」というお知らせが来ました。これはいつもに比べるとかなり早いペースです。

私は2GBの契約なので1GB突破と聞くとちょっと焦ります。しかもまだ半月残っていますから、チョットというかかなり焦ります。まぁdocomoでの契約なので、某社のプランの様に料金青天井→ドボンという恐れはないのですが通信速度はかなり制限されてしまうのがつらいですね。

しかし、どうしてこんなにも早く1GBを突破してしまったのでしょう?

気になったので調べてみました。

 

まず2GBとは…

2GBというと単純に考えると2048MBです。しかし初めて知ったのですがハードディスクなどのメーカーは1GBを1000MBとして計算したりしているそうです。これは知りませんでした、調べてみて良かった♪

 

私が使っているtwitterクライアント

まず最初に私が使っているtwitterのクライアントアプリを紹介いたします。

twitcle plus (Twitter)Play icon twitcle plus (Twitter)

制作: yoshika
価格: ¥350
平均評価: 4.5(合計 1,145 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

 

Tweetings for TwitterPlay icon Tweetings for Twitter

制作: RBD Solutions Limited
価格: ¥456
平均評価: 4.1(合計 1,752 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

この2つを使っています。

ふたつとも甲乙つけがたい素晴らしく使いやすいアプリケーションです。

じつは私は最近まで「ふぁぼる」という事が無かったので全く気にしていなかったのです。しかし私のツイートをふぁぼってくれている人が結構いる事に気が付きました。そこで最近では、ふぁぼられた時に通知が来るTweetingsをメインに使うようになっておりました。このアプリケーションは今まで使った数々のクライアントの中でも上位に入るほど私によく合っています、オススメです。

 

じつはそのTweetingsの大飯食らい疑惑が浮上

先ほども申し上げましたが、今までは1ヶ月で平均1.2GB程度しか使っていなかったのに先月あたりから1GB突破が明らかに早いので気になって調べてみました。

 

過去3カ月半のデータから2つのアプリの通信量を比較

端末の中に残っている過去3ヶ月半のデータを使って見える化(数値化)してみました。

 

まずは通信量の流れを確認

2アプリ比較グラフこれが過去3ヶ月半のデータ通信の記録です。

このグラフを見てみますと2月の中頃から急激に通信量が増えているのが分かりますね。ちょうどこのころ私は東京で仲間たちと乾杯して浮かれておりました( ー`дー´)キリッ

2月はCHOROMEの通信量が異常に多いのですが、これは必死になってホテルを探していたからです(笑)

しかし、3月の通信量のグラフの傾斜は今までよりもかなり強くなってしまっていますねー。

そこで気になったのが3月になって突然1位に踊り出してきたTweetingsの存在です。3月半ばにして2GBの11%以上もの通信をしているコイツが気になったのです。

 

過去3ヶ月半の2つのアプリの通信量比較

hikakugurahu

12月 01月 02月 03月
総ツイート数 872件 735件 918件 464件
twitcle plus 62.16(MB) 123(MB) 163(MB) 0.326(MB)
tweetings 0(MB) 0(MB) 99.69(MB) 235(MB)
合計 62.16(MB) 123(MB) 262.69(MB) 235.4(MB)

※スマホでご覧の方は端末を横向けにしてご覧くださいませ。

2月16日にXPERIA-Z2にインストールしてから一気に通信量が増えているのがよくわかります。

これをもっと具体的に現わす為に

通信量(MB)÷ツイート数=1ツイートあたりの消費量(MB)

で計算してみました。

12月 01月 02月 03月
ツイート単価 0.07(MB) 0.16(MB) 0.28(MB) 0.5(MB)
KBで表示 71(KB) 167(KB) 286(KB) 507(KB)

※スマホでご覧の方は端末を横向けにしてご覧くださいませ。
※分かりやすいように1MB=1000KBで計算
※KBに変換したのは少数点以上の数字にした方が分かりやすいし迫力が出るからです。他に意味はありません。

 

12月と3月ではおおよそですが1ツイートあたり7倍ほどの通信量がかかっている事が分かりますね。この差は本当に大きいです、こんな燃費では今までと同じように使っていたら1GB突破が早くて当然ですね。

 

 

さいごに

もちろんこれは投稿の内容や添付した画像によって大きく変化いたしますので私の環境での話に過ぎません。

ただ、こうやって1ツイート単価を算出すると、12月の頃よりも7倍ほど有意義なツイートをしないと勿体ないなと思ったりしてしまいます!(…まったく思いませんw)。

 

ここで勘違いしないでいただきたいのは、この検証でTweetingsが悪いと言っているのでは無くて、このアプリは大飯食らいの加賀さん・大和さんなので設定や使い方を考えよう!という話なのです。非常によくできたクライアントアプリですので使わない手はありませんが、使い方を間違えると不便になります。こういう高性能のアプリを通信量が多いからという理由だけでアンインストールする様な短絡的な人間にはなりたくありません。

うまくこいつと付き合っていけるように最初から設定を見直してみますね♪

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP