Google+でサークルの人にアドレスを知らなくてもGmailが送れるようになった

今日GmailにこんなメールがGoogleから届いていました。

20140110 gmailg+002

Google+でサークルに入れている人にはメルアドを知らなくてもGmailが送れるようになった

今回のアップデートでたとえ相手のGmailのメルアドを知らなくてもGoogleのSNSであるGoogle+でサークルになってさえいればメールが送れるというサービスが追加されたという事です。

 
【参考になる記事】
Gmail が Google+経由のメール送信に対応、アドレスを知らない相手にも直メール可能に

Gmail が Google+ 経由のメール送信機能を追加しました。Google+ でやりとりしたりフォローしている(サークルに加えている)相手宛てならば、相手がメールアドレスを公開していなくても直接メールを送信できます。

 

 

 

 

もちろん拒否する事も可能です

こういうサービスは怖いと感じられる人も多いかと思いますが、自分には必要ないと感じられるのでしたら当然拒否する事も出来ます。

20140110 gmailg+

PCからGmailに入り、『設定』→『全般』→『Google+経由で~…』『誰にも許可しない』を選択して設定を保存すればOKなので早急に対策をどうぞ♪

 

 

 

ちょっとした感想

これは今回のアップデートで私が感じた事なので蛇足なのですが、どうしてこんな機能が必要だったのかが全く分かりません。わざわざGmailを送らなくてもGoogle+でその人だけに公開をしてメンションを飛ばして置けば良いだけの事なのにメール送信を可能にした。これによって「ごめん、気がつかなかった~」というのを防ぐことが目的なのかもしれませんが、同時にこれは返信の強制力を産みますよね。LINEで「既読」がついているのに返事が無くて事件がおきたりしているこの時代では少々抵抗がある人が多い機能の様な気がします。

今まででしたら「都合が悪かったり返事に困ってしまうようなストリームへの書き込み」はスルーできたかもしれませんが、このサービスの導入により相手にメッセージを確実に届ける方法が出来てしまった事になります。私の様な男性には関係ない事ですが、しつこく付きまとわれているけれど邪険にできない様な人がいる女性などには少々怖いと感じられる機能なのかもしれません。

少しでも違和感を感じる方は今のうちに拒否をして置いた方が良いのかもしれませんね。

私もメインアカウントはマーケットであるGoogle Playにも紐付いていますので迷惑メールなどが増えるのも良しとは出来ませんのでとりあえず拒否しております。

とにかく面倒だとは思いますが、「拒否なのか」「許可なのか」。どちらなのか自分の意思で判断してきちんと設定される事をお勧めいたします。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP