NEXUS7(2013)をOS4.4.2(KOT49H)に手動でアップデートしてみました

つい先日「NEXUS7(2013)をOS4.4.1(KOT49E)に手動でアップデートしてみました」でOS4.4.1にアップデートしたと思ったとたんにOS4.4.2(KOT49H)のアップデートが来ました。これはもう嫌がらせのレベルです。また私のNEXUS7を繋いで叩いて焼いてFLASHです。

Screenshot_4.4.2

前回の4.4.1のアップデートと同じく今回も手動でのインストールなのですが、今回も差分のみの配信なのでファクトリーイメージがあるKRT16Sまで一旦退化させて、そこからKOT49Hに一段飛ばしにアップデートします。

 

手動アップデートの手順(bootloarder unlock済みの状態)

1.用意をする
まずここからOS4.4.2(KOT49H)のZIPファイルをPCにダウンロード
2.準備1
TWRPでバックアップをとる
3.準備2
2でバックアップしたファイルと内部ストレージの中身をPCに保存しておく(しておかないと消えます)
4.作業1
KRT16Sのファクトリーイメージを焼く(工場出荷状態に戻す為)factoryreset_img
5.作業2
続いてコマンドプロンプトを立ち上げてTWRPを「fastboot flash recovery ~」でインストールTWRPinstall_img
6.作業3
そのままTWRPを起動させてバックアップを取る
7.作業4
NEXUS7の内部ストレージの中にあるTWRPのBackupフォルダに先ほどPCに保存しておいたバックアップを移動
8.作業5
KOT49HのZIPファイルをNEXUS7に移動
9.作業6
TWRPを起動させてInstallでKOT49HのZIPをインストールする
10.SUでroot化
ここでSUをインストールして再起動→SUのアップデート
11.環境復元
TWRPでrestoreで2でバックアップしたファイルのdataだけを復元

 

Thjapさんのサイトでの方法が良いのかなとも思ったのですが、私の環境ではどうもおかしい挙動が残りましたので諦めて前回と同じように上からdataファイルをかぶせて環境を復元しています。(今のところ問題は起きていません)

 

しかしこのペースでアップデートが続いたらファクトリーリセットの度に中身が吹っ飛んでますのでうっかり仕事に使っているデータなんかを戻し忘れて痛い目見そうです(すでに一度見た)。

次のタイミング次第では私はSUいれずに・・・まぁ無理でしょうけれど(笑)

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP