ホームスマホXperia-P 解体画像を入手

いつもオリジナルカバーでお世話になっているPROCHROME-ARIDAさんからメールで面白い画像を手に入れることが出来ました。

メールフォルダーを開いてみるとそこにあった画像は…Xperia Pのカバー交換時の解体画像(一部解体)!

その画像を自由に使ってよいとの事でしたのでさっそく使わせて頂いて私なりに感じた事を書かせていただきたいと思います。

 

●電池交換について●

この画像を見て一番最初に感じたのは「もしかしたら電池交換できるかもしれない…」という事でした。これは国内で出回っている電池交換負荷の端末全てに可能性があると言えるのですが。。。

画像を見て貰ったらわかると思いますが、どうやら電池本体にコネクタを差しているだけのようです。よく電話の子機などがこんな風になっていますよね?

このバッテリーさえ手に入れることが出来たら何とか交換ぐらいであれば自分でできそうな気がします。実際に国内で発売されている電池取り外し不可の端末でも、電池交換で依頼をかけると交換できるとの事なので仕組みは簡単なんだなと安心しました♪

あとはどうやって予備のバッテリーを手に入れるのか…これはガジェメモ – Gadget Memoさんの共同購入に期待したいと思います(^ ^ )♪

 

 

 

●NFCについて●

Xperia PはNFCに対応しています。近距離情報交換システムと呼ばれているこの仕組みを簡単に言うとNFCが付いた端末同士で背中合わせにタッチをするとテキストデータなどが瞬時に転送できるという仕組みです。

まだまだ対応していない事が多くて正直使い切れるものではありませんけど今後の進化に期待できる機能です。

そのNFCの読み取りチップが右側のカバーの後ろに張り付いている物らしいです。正直言って本体にどうやってこの情報を送っているんでしょうか…そこが全く分かりません。

どうみてもフタに貼りついてるだけですよ…ね…?

 

その後確認したらカメラの横の端子がNFCのチップに接触する事で情報を読み込んでいることが判明しました♪それにしたってどういう仕組みでこんなシートが情報の伝達してるのかはちんぷんかんぷんです(笑)

 

この画像を見る限りでは、カバーなどを交換する際にシンナーなどを使うとNFCが使えなくなりそうだなという事。ここら辺はおそらくPROCHROME-ARIDAさんが何とか方法を考えてくれる事でしょう(^ ^ )♪

 

とにかくこの画像を見て確信できたのはカバーの交換と電池の交換は問題なさそうだという事♪自分で交換される際にはPROCHROME-ARIDAさんの「XPERIA P(LT22i) 背面 分解 カバー交換」がものすごく参考になると思います。

 

実際にどうなっているのかが見れないと不安ですけど見れると安心できますよね♪これもPROCHROMEさんのおかげですね♪感謝(^ ^ )

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩