ホーム仕事効率化エバーノートよありがとう!エバーノートよ永遠なれ!

自分の身の回りをペーパーレス化するにあたりとても活躍してくれていたのがEVERNOTEです。使い方としては、とにかく何でも突っ込んでおく→あとでまとめて見返す。という使い方だけでもとても便利でPCとスマホで愛用させていただいておりました。

しかしこのEVERNOTEですが有料会員でないと利用できるデバイスの数は2個まで。つまり私のように

  1. 自宅のメインPC
  2. 持ち歩き用のサブPC
  3. メインのスマートフォン
  4. 時々使うタブレット

という構成で合計4台の中にEVERNOTEが入っているような人には無料では使えないというわけです。

こんなふうに2台までなら無料でもOKでした

2019年2月9日がXデーでした

じつはこのEVERNOTEですが、じつはdocomoでのキャンペーンやらで2019年2月9日まではプレミアム会員として使うことができたので全く問題はなかったのですが、それ以降はとたんに不便になってしまう事は明白です。というわけで昨年の4月ごろから徐々にではありますがONENOTE(Microsoft社)にノートを移行しておりました。

2000ページ近いノートの移動は苦行だった

わたしがEVERNOTEに書き貯めていっていたノート数は約2000枚。ずいぶんと多くの紙を節約できていたのではないかと思います。ちょっとしたメモなんかも含めるともう少し多くなるのですが、とにかくそれらを徐々に移行してゆく作業はとても面倒でした。

移行に便利なツール

EVERNOTE→ONENOTEに移行するにあたり便利なツールもありました。分かりやすく紹介してくださっているサイトもありましたので紹介しておきますね。

OneNote for Mac に Evernote からのインポートのノート

最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに …

じつは私はあまりこのツールは使わずに手動でいらないノートを捨てながらゆっくりと時間をかけてやっておりました。それでもこういった移動ツールがないともっと時間がかかっていたのは間違いありません。ありがとうございます。

エバーノートよ永遠なれ!

今回は縁がなくてお別れすることになりましたが、本当に助けていただいたエバーノートさん。PCDA用のフォーマットを組んだりそれはそれは楽しませていただきました。しかし、金額的には大したことがないとしても有料ということであれば他の無料サービスでも十分にわたし程度の用途には耐えうると思いましてお別れです(´;ω;`)ブワッ

アカウントの削除の瞬間…

2011年から8年にわたり私と一緒にいたアプリケーションで本当に助かっていました。次からはONENOTEさんと仲良くなるつもりで少しずつ使い始めて約1年が経とうとしています。まだまだ不便に感じるところもありますが、アカウントも整理してしまいましたしね。もっと便利に使いこなせるようにしてゆきたいと思います♪

最後になりますが、2台以内で運用するならたぶんEVERNOTEが一番便利なんじゃないかなと思います。仕様変更で2台以上もOKになればきっとまた戻ってくるかもですね。でもまぁそうならないようにONENOTEさんを使いこなしてゆこうと思います。

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩