2018年1月19日発売の【ASUS FX503VD】が結構気になっています。

2018年1月19日に発売されたばかりの”カジュアル”ゲーミングノートパソコン【ASUS FX503VD】が少し気になっています。ウソです、かなり気になっています。というかメチャクチャ気になっています。わたしはどうやら雨男の様で休みになると雨が降る、もしくは雪がふる。そこで雨の日でも夜でも楽しめる息抜きとしてファイナルファンタジー14を以前からよく接していただいているあずきさんの紹介で始めたのが一年と少し前。最初はなんというか、ログインしたりしなかったりでしたが、最近はFC(フリーカンパニー)のマスターなどしてみたり積極的に活動を始めています。(暖かくなるとまたカメラを持って出歩くので冬がメイン)

はじめた当時はメインで使っているノートパソコンでやっていたのですが4.0にアップデートしてからはどうも厳しい…。画面が重くカクカクする!そこでPS4を買いました。しかし、ハッキリ言ってPS4では不便なことが多い。これはたぶん最初にPCでやっていてそのあとPS4にしたからだと思います。正直な話、FF14以外のゲームをやるつもりはないしPS4でなくてもよいと思い始めてきています。

PS4ではFF14が「少し」不便だと感じる3つの点

①スクリーンショット

普通にプレイしている分には何の問題もないのですが、私のようによくSNSでしゃべる人につらいのはPS4で撮影したスクリーンショットは本体に保存されるためそれをUSBメモリーなどに移動させ、それをPCに移動させてからつぶやくことになります。これは地味に不便。

②コピペと文字変換(IME)

これはチャットなどでストレスを感じています。SONYの文字変換機能は決して性能が悪いわけではないのでしょうが変換候補は少なくて基本ヒラガナが多くなります。もちろん登録は出来るのですが結構面倒くさいので結局あまり登録できていません。またFF14ではマクロという「コマンド入力をボタンに保存しておいて一発で呼び出す機能」がありますが、そのコマンドってPCなどを見て他の人の物を利用することがほとんどです。それがすべて目で見て手打ちとなるのは結構なストレス。

③棒読みちゃんや某ツールが使えない

プレイに集中するにあたり画面を見ることが多い私は「棒読みちゃん」というアプリケーションを使っていました。これは何かというとチャット画面に打った文字を棒読みしてくれる機能。なのでチャットは見逃さないし目で追う必要もない!あと某〇〇力計測ツールのあれですね。やっぱりあれを見ないと自分がどれくらい強くなったかなどはわかりにくいので使いたい。

まぁ、やっていない人ならどうでもいいような不満なんですけどね

 

ASUS FX503VD

というわけで私がこのPCに一番求めているのはゲーム機として、そして画像加工などの写真加工作業機としてのスペックなのですが、写真加工に使用しているLrやPsを静止画画像の加工として普通に使うには十分なスペックの様です。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサー
動作周波数:2.8GHz (インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大3.8GHz)
キャッシュメモリ:6MB
ディスプレイ 15.6型ワイドTFTカラースクリーン液晶
表面仕様:ノングレア
タッチパネル:非搭載
解像度 1,920×1,080ドット (フルHD)
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 1050 (NVIDIA® Optimus™ Technology対応)
ビデオメモリ:4GB
外部ディスプレイ出力:最大3,840×2,160ドット
メモリー 標準:8GB
仕様:DDR4-2400
記憶装置 SSD:128GB (SATA3接続)
HDD:1TB
インターフェース 外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:USB3.0×2、USB2.0×1
カードリーダー:SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1

スペック的には少し前までなら20万円を超えてそうだなという性能がこの価格(販売時145,584円)なら結構コストパフォーマンス高いのではないでしょうか。ディスプレイに関しては私は4Kモニターを使用していますので不便は少なそう。

一番大切なのはグラフィックボードだと言われた

いままでゲームをすることが無かったので気にしたことが無かったのですが、ゲームを動かすのに大切なグラフィックボードという部分。メインで愛用しているZenbook™ UX303UBはNVIDIA® GeForce® 940Mを搭載していたのですがさすがにFF14の「紅蓮のリベレーター」のベンチマークで【普通】~【やや快適】と診断されました(笑)

  • 7000以上:非常に快適 ←ASUS FX503VD
  • 5000~6999:とても快適
  • 3500~4999:快適
  • 2500~3499:やや快適
  • 2000~2499:普通 ←Zenbook 303UB
  • 1500~1999:設定変更を推奨
  • 1000~1499:設定変更が必要
  • 1000未満:動作困難

(FF14ベンチマーク結果の目安)

いまは1080Tiというとんでもないもの(ベンチ17000以上)が出ているらしいですね。わたし自身GTX1050の4GBは未経験ではありますがインテル® Core™ i7-7700HQとCPUのスペックアップもしていますし、少しはいまよりも快適にはなると思っています。(願望も含む)

 

あと見た目がゲーミングしてないのが気に入っている

わたしの中ではゲーミングパソコンってすごく派手なイメージがあります。実際に画像を見えると

こんな感じのものが多くて「おれいまからゲームすっぞ!ゲームすっぞぉおおおおおおおおおおおおおおおお」っていう感じがビンビン伝わってくるものが多いのですが、

はい、地味~~~~~~~~~~!!!

サイズは15.6インチと少し大き目なので持ち運ぶことはまぁ無いでしょうが、いざとなって持ち運んだとしても全然平気な感じですね。ここも結構気に入っているポイントのひとつです。

 

新しいパソコンが続々と発表されているたのしい季節♪最近はパソコンを持っていない人も多いと聞きますが、やっぱり私はパソコンで何かしてるの好きですね。今後も新しいパソコンが出るたびに欲しくなっては我慢を繰り返すんでしょうね、年末ジャンボ当たるまでは☆

このパソコン、現在はASUSのオンラインショップ🔗で受付中みたいです。AMAZONには少しスペックアップしたものも販売されているような感じでしたので気になる人はチェックしてみてください。

 

【現在使っているZenbookはこちら】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP