ホームニュース・時事Photoshop2015でファイルを閉じると強制終了する。

ps2015

先日のPhotoshopのアップデートでPCの環境によってはファイルを閉じようとすると強制終了する症状が起きているようです。

かくゆう私もその症状が出てしまい仕事になりません。本当につらいです。

Adobe Photoshop CC 2015 は動作を停止しました

 「問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策がある場合はWindowsから通知されます。」

この言葉が出てPsは強制終了、そして再度起動するとさきほどまで編集していた画像全てが立ち上がりそれを消そうとするとまた強制終了。

アンインストールして再インストールやPCの再起動をしても直りません。

一番厄介なのはファイルを閉じようとしたら強制終了してしまうので、対策として提案されている

編集環境設定パフォーマンス→グラフィックプロセッサーを使用チェック外す

を設定しようにも、起動するたびに一緒に立ちあがってくる復元ファイルを閉じる動作が必要になってしまい、どうしても強制終了してしまうのでどうしようもありません、コレは困りました。

 

【ファイルを閉じずに設定を保存する】

ほとんどの場合はそのままPsを終了させると次回立ち上げた時に変更した設定が反映されているのですが、普通どおりにPsを終了出来ない今回の場合は

編集環境設定パフォーマンス→グラフィックプロセッサーを使用チェック外す

編集環境設定設定を同期アップロードPsを終了(強制終了になる)再度Ps起動

再び立ち上がったPsが先ほど同期の為にアップロードした設定を読み込んでくれていたらグラフィックプロセッサーを使用チェックが外れていると思います。そしたら復元データとして一緒に立ちあがってきたファイルを削除しても強制終了にはなりません。

Ps(PhotoShop)が使えないと仕事にならない人も多いと思います。次回のアップデートでこの問題が改善される事を願ってとりあえずはこの設定でしのぎたいと思います。

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩