ホームニュース・時事3月で販売終了と噂のわさビーフ(山芳製菓)

新年明けましたという大変めでたいこの年始に、私にはまるで雷が落ちたかのような衝撃的な事件が起こりました。

それは昨夜twitterでこんな一報が入ったせいなのです。

wasabi-husyuuryou

私は自分の耳を・・・いや、この場合は目を疑ったというべきでしょうか・・・。

正直な話ものすごい悲しみと同時に、

「在庫を買い占めなければ!!」

という使命感に駆られます。

ヤマヨシのわさビーフといえば、発売当初はもう少しワサビが効いていた様な気もしますがとにかく変わった味で好きなポテトチップスです。わさビーフといえばヤマヨシですし、ヤマヨシといえばわさビーフ・・・あれ?あれれ・・・?

ヤマヨシはわさビーフのイメージが強すぎて、他のイメージがあまり無いような気がするのに・・・やめてどうするんだろう?そんな疑問が頭によぎっている私に、まるで諭すかのようにこんなツィートが流れてきました。

 

なお4月から わさびの風味を改良した『NEW!!わさビーフ』 が販売される模様

まじですか!!それは期待大!!また昔のような刺激的なわさび味が楽しめるのか!!

・・・などと楽しみでウキウキしていると・・・

 

 

 

だまされてたのか(; ・`д・´)!?

 

実は今回の騒動はまとめサイトがでっち上げたガセだったようですね。最近この手の適当なガセネタをよく目にします。アフィリエイトサイトなどは目を引いて自分のサイトに来てもらって広告をクリックしてもらうことが必要なので必死なのでしょうが、正直なところ、あまり感心できませんね。

実際私も広報という仕事の中で弊社の商品に平気で誤情報を書かれて困ったことも一度や二度の話ではありません。その都度記事の修正を打診しておりますが、アフィリエイトサイトの管理人がそれを修正した例など一度たりともございません。実際今回の場合はヤマヨシさんにしてみれば販売数は一時的に上がったから得したように思われがちですが、実はそれは楽観的な大きな考え違いです。今回の様な事件的な騒動の場合、一瞬だけは大きく販売数は伸びてもその後の落ち込みは大きく、結果的に総売上数は減少する事の方が圧倒的に多いのが今の市場の現状です。

そうなると因果関係さえ立証できるのであれば、このガセ情報を流したサイトに企業は損害賠償ってこともありえます。

 

私もわざとウソを書くつもりはありませんが、気をつけなければなって思った今回のわさビーフ事件でした。

 

 

とりあえず、

 

 

いろいろ調べていたらおなかが空いてきたので・・・

 

 

帰りに買ってしまった (;´Д`)

帰りに買ってしまった (;´Д`)

やっぱりわさビーフは最高です( ´∀`)bグッ!

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩