ホームコラムtosのホーム画面作成の思い

昨日Eligor13様のブログ「いいハコ作ろう」の記事:Androidのホーム画面は素敵に高機能で私のホーム画面を紹介していただけました♪

敬愛するなどと言っていただけると嬉しいですね♪本当に♪

 

その記事の中でAndroidのホーム画面の自由度について書かれておりましたが、Eligor13様のAndroidへの愛が感じられた記事でしたね。過去にも私のこだわりはお伝えした事もありますが、この記事にインスパイアされたというと大ゲサですが私がホーム画面を作る時の想いというか。。。そんな自分なりに心がけている事をこっそりと♪

 

出来るだけ少ない動作で9割の日常動作が出来る

28 - 1私はホーム画面は1~2画面で完成するようにしています。それにもルールがありまして

  • 1画面の時はフォルダーを使う
  • 2画面の時はフォルダーを使わない

これは先に申し上げたように、出来るだけ少ない動作で普段使うほぼ全てのアプリを使うのが基本です。熟練された職人さんが仕事がスマートに見えるのも無駄な動作は少ないからなんです。

具体的に少ない動作と言うと2タッチまでです。フォルダを開く→アプリ選択が2タッチということです。2画面の場合はスワイプして画面移動→アプリ選択で2タッチですね。

この基本ルールがあるので私が作るホーム画面は1~2画面しかないというわけです。

 

 

ホーム画面はアプリを便利に使うためのアプリだと思え

ホーム画面は工夫次第でアプリケーションを便利に使う事が出来るようになります。ホーム画面に置くアプリを選んだり、押しやすい場所によく使うアプリを配置したり…これは本当に頭を使う事なのですが、コレをしていないホーム画面はすぐにわかります。はい、私の目はごまかせません!

よく考えてアイコンを置く場所をキチンと決めているホーム画面…もうそれはひとつの最高に便利なアプリに匹敵する価値を持っているんですよ。

 

 

シンプルなものこそが最高に美しい

DSC_1212これは見た目の話ではありません、アイコンやアプリの事ですね。使いもしていないアプリなどでも少しくらいは使いますよね?そうなるといろんなアプリをちょっとずつ使う事になってしまいます。そうしていると結局どのアプリも中途半端に使っていたりします。

それならば同じような機能を持つアプリは一番便利なものだけを残して他はアンインストール。そうするとスッキリして無駄なものがホーム画面に出てこなくなります。ゴチャゴチャしたホーム画面よりスッキリしたものの方が結果として使いやすくなると思います。

 

 

最後に…「見た目重視」は妥協では無い!

よくいろんなホーム画面の説明に出てくる言葉ですが「見た目重視にしたのでココにコレを置きましたがそんなに使ってないアプリです」的なものを聞く事があります。これは大きな勘違いだと私は思っています。実際あなたはものすごくキレイなんだけど美味しく無いケーキを食べ続ける事は出来ますか?私にはできません。私は「味が美味しくて見た目も綺麗なケーキ」を探します。

23 - 1つまり、使いやすさを追求した上に見た目も追求したものを公開するのが私のホーム画面作りのルールです。

なのである程度納得できていないもので公開されなかった作品は100近くあります。転んではやり直し、転んではやり直しの繰り返しなんです。。。

 

 

 

ですが、だからこそデザイン的にキレイなだけのホーム画面とはちがう愛着が湧いてきます♪

何をするのにもホーム画面は必ず目にしますよね。それだけ自分の目にふれるものですから、こだわるのであればトコトンこだわって作りこみます。私の作品はそんなクオリティが高いものではありませんので芸術的とは言えません。けれど皆さんが言って下さるのは…

「tosさんのホーム画面は使いやすいですね♪」

とコメントいただいたりする事が一番嬉しかったりします♪

 

23 - 2

私はホーム画面を自分好みにするのが好きですし、それを使ってくれた人が「今回のも使いやすいです♪」なんて言ってくれたりするのが好きです♪

 

自分の変なこだわりのおかげでリリースは遅いですが、これからも自分好みでシンプルで操作が楽なホームを作れるようにこれからもがんばります(^ ^ )

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩