ホームアプリアルバムアプリで自分だけのフォトマップ

季節的にも写真を撮る機会が多い季節になってきたのではないでしょうか?紅葉を撮ってみたり、近所の風景などを撮ってみたり…あとはそうですね、やはり食欲の秋とも言いますから美味しい料理屋さんでパシャリ♪なんてのもいいですよね。

 

今回皆さんに使っていただきたいのはSNSでも有名なInstagram…ではなくて!最初から入っているプリインストールアプリのアルバムです。

先ほど申し上げたInstagramは有名なSNS(ソーシャルネットワーク)アプリで、写真を撮ってそれを仲間同士で共有するというもの。。。そして大変便利な機能として挙げるのなら「フォトマップ」!そうコレがすばらしい!

アルバムの中に写真がゴチャ~っと並んでいるとどれがどこで撮った写真かなんて憶えきれませんよね?このフォトマップと言う機能は日本地図の中に撮った場所を示してくれる機能で、例えば東京に旅行に行った時にスカイツリーを撮ったらその場所に写真が表示されるから後で見ると結構楽しいんですよ♪

 

でも要注意!!

自分の家の中で写真を撮ってGPS情報付で公開なんてしたら…あなたの家がバレちゃいます!怖いと思ってる人多いんじゃないですか?

 

そこで私が今回ご紹介するのは特別なアプリでも何でもありません。

普通に最初から入っている「アルバム」というアプリ(笑)

 

このアプリを開くと上に【画像】【マップ】【オンライン】の3つのタグがありますので真ん中の【マップ】を押すところからスタートです♪

 

1.自分だけのフォトマップの作り方

するとこんな日本の地図が表示されます。まだ何も設定していないとこんな風に真っ白ですよね?ココに自分の撮った写真を載せる為には撮った画像にジオタグを付けなくてはいけませんので設定してみましょう♪

 

まず、カメラを立ち上げて…設定ボタンを押します

設定>ジオタグ>ON

 

これで写真にジオタグ…簡単にいうと写真に撮った場所の位置情報が入るのです。たったこれだけでこの後から撮った写真が先ほどのMAPに表示されるようになります(^ ^ )

 

拡大してゆくと私の家がバレてしまうほど正確に場所がピンポイントで表示されてしまうのでこれぐらいの画像で勘弁してください(^ ^;)

 

と、ココまではよくありがちな機能なんですが、私がこんな事だけでこのアプリを紹介するはずがございません!!本当にこのアプリが便利なのはココからです!

 

2.後からでもどこでも登録できる!

これです!InstagramやFoursqureやGoogle+やFacebookをお使いの方であれば経験ないですか?これらのアプリは

  1. 登録されている場所。
  2. その付近に滞在中。

これが基本です。例えば旅行に友人たちといって写真を撮った!そこから話に夢中になって移動してしまって遠くに来てしまったら…登録できないことがあります。あと、「やった~!隠れた名店を見つけた!早速登録…あれ?リストにあがってこない・・・」と登録されているお店や場所で無いと登録できない場合もあります。

今回紹介するアプリはどこに居ようと、登録が無かろうと写真を登録できるのが最大の魅力なんです♪

家に帰って落ち着いてからアルバムを開いて…

 

気に入った写真を一枚選択(長押しで複数選択も可能)して右上のメニューボタンを押して【ジオタグ追加】を押す

 

 

 

そして先ほどのMAPを拡大させてゆき「ここら辺で撮ったよなぁ~」って場所を押すだけでOK

 

 

 

先ほどのマップを見るとジオタグを追加した写真がきちんとその場所で表示されるようになっています♪

※つまり後からジオタグをつけることもできますので、カメラの機能でジオタグONにしない方が登録したい写真だけをMAPに反映できますので私はこの方法でMAPを作っていっています。でも後で毎回登録するのが面倒な人はカメラの機能でジオタグをONでもいいと思います。

 

このアプリを私がおススメする理由をまとめると…

  • オフラインなのでプライバシーが護れる
  • その場に居なくても登録できる
  • 登録が無くてもマップ画面で登録可能
  • 家でじっくり自分のマップが作れる
  • ジオタグを付け忘れた写真でも後でつける事ができる

旅行中にスマホばっかり触ってる空気の読めない人にはなりたくないですよね♪はやり旅の最中は思いっきり旅を楽しんで家に帰ってからその余韻に浸りながら自分だけのフォトマップつくり…。こんな新しい記録の方法で秋の旅を楽しんで見られてはいかがですか?

写真が増えてくると結構楽しいと思いますよ♪

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩