ホーム設定・カスタムBusyboxをインストールする

root化を行ったら忘れないうちにBusyboxをインストールしておきましょう。rooted専用アプリなどでこのBusyboxが入っていないと起動しないものもありますので絶対に必要になってきます。

まず最初にマーケットでBusyboxを入れる為のアプリをインストールしてくるのですが、私はコレを使っています。

 

はい、『乀(Θ皿Θ)>チーン!!』の方ではありません、変な壁紙でごめんなさい。。。赤の四角で囲ってあるBusybox Installerというアプリを私は使っています。

マーケットでBusybox Installerのインストールする

 

このアプリをインストールしたら起動させて4つの導入作業を行います。

  • 1.Busybox 最新ver.をインストール(画像は2012/11/1現在最新)
  • 2.sqlite3のインストール
  • 3.zipalignのインストール
  • 4.zipのインストール

 

Busybox…これは簡単にいうと補助アプリといいますか…Android端末というのは使えるコマンドが結構少ないそうです。それをLinuxなどと同じようにコマンドでいろんな作動するようにしてやるのがこのBusybox。zipalignというのは最適化ツールって表現すると正しいのでしょうか?アプリが起動する際にこのzipalignを起動させてアーカイブを整列されるって言うのがこのアプリの役割です。実際コレを入れていて効果があるのかどうかと言われるとちょっと疑問ですが私はrootedアプリを良く使いますので一応入れています。あとの二つは…説明が非常にややこしいのと合っても無くてもよさそうな感じはしますのでおまけに入れているって感じです。

 

このBusyboxの導入までがroot化といっても良いほど大切な作業ですので絶対忘れないように♪

シェアしてもらえると小躍りします(∩´∀`)∩